変わってるね」が褒め言葉だった貴女へ

いつもなんだか頑張って色々やっていた気がする。
無理して可愛い女性になろうとしていたかもしれない。
いわゆる立派な人=ちゃんとした人になろうとして、
恥ずかしくない人になろうとしていた。

だって、世間一般の常識とか
普通で目立たない事が良しとされて育てられてきたから
人と違う事をすれば怒られるし、
規律や輪を乱すとか言われちゃって。

でも本当は
「変わっているね」
とか
「独創的だね」
と言われるのが嬉しかった。

なのに社会へ出れば
社会人なんだから真面目に働きなさい
とか

くだらない事やってないで真面目になりなさい
とか

そんな事ばっかり言われて、もうやんなっちゃう。

会社は服装は自由と言えども
ビジネスカジュアルという謎の縛り。
デザイン会社なのに、取引先の信頼とか何とかで
髪を染めるのもNG。

そもそも髪の色くらいで人間性を判断するなんて。
ヤンキーだから染めるんじゃない、
髪を染めたいからヤンキーになるんだ、と私は思う。

私はヤンキーになったことは無かったけど、
自由に髪を染めていることに関しては羨ましかった。
めんどくさい宿題や学校のなんちゃらも
ヤンキーは放棄していた。

もちろんその後人生が転落するような人もいたけど
一部はとっとと働きだし、独立して
従業員を何十人も抱える、立派な社長になっていたりする。

でもそれは、ヤンキーじゃなくても一緒。

立派な社長になっている人もいれば、上手くやって行けず転落してしまう人もいる。
それなら、若い頃に好き勝手やっていた方がまだマシ。
(ヤンキーを推奨するわけじゃないけど)

真面目に髪の毛も染めず、学業を修めて一流企業に就職したとしても、
今は多くの人が鬱になったりして心を病んでしまう。

なんのために我慢してやってきたのかわかりません。

夢を見て起業したけれど、世の中に合わせるのが精いっぱいで、
いつも忙しくてヘトヘト。
全く楽にならない!!

助けを求めたくても、しっかりしなさいと言われる。
頑張って、頑張って、頑張って、、、
努力は必ず実るはずだから、今がツライだけだから、、、

でも、もうそれで5年は経ったかな。
一体報われるのはいつ?

一難去ってまた一難。

なんでこんなにこの世はこんなに生き辛いのだろう・・・。

、、、、と、

変人の私はずーーーーーっと思っていました。

小学校くらいの頃からとにかくみんなと一緒・同じはイヤ。
ちょっと目立つ、変わったものが好きでした。
本当に変なものがスキ。

まわりがジャニーズアイドルや
流行りのJ-POPを聞いている時に、
一人ヘビメタとか、コミックバンドとか、親世代の洋楽とか、
そういうものを聞いていました。

ド〇カム、ミ〇チル、ジュ〇マリ、ア〇ロちゃん、浜〇あゆみ、
とにかく流行ってみんな聞いているんで私が聞かなくてもいいかと思っていました。
好き嫌い以前の話で興味を失うレベルです。


それよりもみんなが知らないけど良いものを見つけるのが楽しくて
女性だけど男の子っぽかったのも
もしかしたらまわりの女の子と一緒な感じになるのが
つまらないと思っていたのかもしれません。

そんな私なので、趣味の話は周りと合わない。

無理してみんなと合わせていたのですが、
本性はコミュ障です。

人に自分を合わせるのが嫌いですし、気も使いたくない。
行きたいところには一人で行くのが気楽。
たまに誰かと行けばそれはとても楽しい。

食べたいものも回りに合わせて同じものを頼むなんてことはしない。
全部自分都合。

キラキラ女史もチャレンジしてみたことあるけど、
結局コミカルな方向に行ってしまうので、諦めました。

どうせ「面白い」方向に走っちゃう。

でもそれが楽しくて私には心地よい。

綺麗に魅せたい時はそういう写真撮りためて、使いまわす。
それでいいやという感じです。

で、そんな風に楽しんでいると、天が味方してくれるんです。
どんなに頑張っても不平不満で一杯の人は
そのまんま成功しても、その延長戦上でどうせツライだけだと分かっているから
なかなか成功の軌道に乗せてくれないのです。

ある意味ありがたいですよね。

なんですが、なかなかそのことにあなたは気が付いてはいない。

あなたが
・真面目
・一般常識
・公平
・正義
・世の中に合わせる

こんなキーワードで自分を縛っているとしたら
それは生き辛くて当たり前です。

そもそも校則でスカート短いとか、髪の毛ちょっと染めただけで
成績や内申点落とすって、人としてどうかと思いませんか?

自由奔放な人が気に入らないという人は
間違いなく自分も自由でいたいのに我慢している人なんです。
自分もスカートの丈守って来たんだから、
あんたも守りなさい、と言っている感じですね。

早くそんな場所から脱却しませんか?

起業したい、あるいは起業しているけど、
いつもなんかツライ、苦しい、嫌な奴がいる、
一向に楽になる気配がない。

そんな人の為に、友人の片岡恵美子さんと

「暇人変人倶楽部~有閑club」


ひまじんへんじんくらぶをやります。

片岡恵美子さんのブログ↓
https://ameblo.jp/emicocoa3/

何がスゴイかというと、

【嫌な事やめて暇になればなるほど、上手くゆく】
を体験してもらうことです。

嫌な事、とは例えば好きな手芸で起業してるのに
上手く行かなかったとします。

手芸は好きなのに、おかしいと思いますよね。

なんですが、実はSNSを使った情報配信が嫌い、だったりします。

嫌なことやっているんです。
でも起業塾で教わったから、その通りにやらなくちゃ、と
それを頑張ってしまっている。

本当はもっとあなたにとって、楽で楽しくて心地よいやりかたがあるのに、
です。

刷り込まれた常識や、正しさを、
本当にそれが自分にとって心地よいかどうかもわからず
頑張ってしまっているのです。

それはサイズの合わない服を着て背中が破れてしまっているようなものです。
自分では気が付かないで着てしまっている状態です。
窮屈だけど、着こなしているつもりになっている。
でも背中の破れこそが現実なんです。

人は自分で自分のことがなかなかわかりません。

背中の破れ、どうすれば最も早く気が付けると思いますか?

鏡で見る?
でも鏡が小さくて映らなかったら?
死角に入ってしまって見つけられなかったら?

わかりますよね、誰かに見つけてもらうのが最も早いのです。

私と片岡さんは多くの人を見てきました。
自分自身もたくさん失敗してきました。

なのでだいたい、
「あー、この人もこれかな?」とすぐ気が付く事ができます。
私自身も変人なので、変人のあなたがつまづいている理由なんて、
聞かなくてもわかっちゃうんじゃないかくらいです。

変人は変人の世界観を楽しむために、
変人として生まれて来たんです。

だから、私達と一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

さて、詳細です

暇人変人倶楽部〜有閑club2020〜

【期間】
2020年9月22日〜2020年12月31日
秋分STARTです♡

【内容】
月イチのオンライングループコンサル
個人個人にそったアドバイスをふんだんに
(録画あり)

メンバー専用のFacebookグループページにて質問無制限、
こちらからも随時ワークなども出します。

【特典】
片岡さんと私のメルマガ等でアナタのサービスを紹介していきます。
2人合わせたら、数千人に向けて発信することになります♡
絶大的な集客の味方になると思ってます!

【金額】

通常価格 50万円(税込)
↓↓↓

8月31日までのお申し込みで

早割価格 15万円(税込)

私たち、2人のパワフルな旬なものを全力でお届け!
この価格設定も変人ならでは(笑)


【お支払い】
銀行振込(一括)またはPayPal
クレジットカードの場合、分割のご希望の場合は、決済後ご自身でカード会社へ連絡していただき、ご希望の回数に変更をお願いします。こちらに関しては可能か不可能かカード会社によって 様々なので事前のご確認をお願いします。

【受講規約】https://ex-pa.jp/h/lW4aqLkx/lW4aqLkx

キャンセルポリシー:一度お支払いいただいた代金は返金できません。予めご了承下さい。